October 22, 2012

多分、ジャッキーも好き

(だと勝手に思う)V-REX。画像は随分前のものですが。
20100809_445779_01


最近、気になるモノがちょこちょこ見えるんでご紹介。

ホライジングのブログでも紹介されていたので、ご存知の方も多いと思うV-REX。
20121015_32v


造型され始めたモールドがそんなに入っていない時点ですでに格好良くなる雰囲気プンプンだったんですが、それこそ本家WETA並のディティールを再現してきて、流石南米の恐竜造型の雄恐るべしと思ったわけです。

口開け状態が欲しかったので、サイズも良い感じだしこれは発見出来れば欲しいと思っている。

しかし未だにPJ版コングを追っかけている自分って大丈夫なのか。
昨日もキングコングが出来るまで製作日記観ちゃったし。
だって、こっちが本編以上に面白いんだもの。blu-rayで出てちょーだい。

blu-rayと言えば、霊幻道士も吹き替え入りでblu-ray化だとか。しかも1,2,3。
ちょっと小さくガッツポーズしちゃいますよね。好きなんで。

また次回も気になるもの色々です。  

Posted by kurumayaa at 12:17Comments(2)TrackBack(0)

July 06, 2010

V-REX(KING KONG PJ ver.)

vrex6さて今回は先日届きましたV-REXの簡単なレビューでも。

サイズ的に分かりやすい様にRAHのインディ(12インチ)と比較
頭部だけで12インチ近いので、サイズのデカさがイメージしていただけるかと思います。

本当は劇中風にナオミワッツ風のバービードールでもあれば、それをしがみつかせたかったところですが、無いので冒険野郎でとりあえず。

ベースがかなり重いので本体と別々にすれば男性一人で移動可能。

大型のアイテムですが、造型自体のバランスはとても素晴らしく、鱗様の細かなモールドもしっかりしていますし、閉じた口から突き出た歯も立体的。
元々、原型となった銅像が映画の造形美術に関わっているWETAのスタッフが造型しているので、当然と言えば当然の出来の良さなんです。

塗装についてですが、ウチのクソカメラではなかなか画像に巧くのらないのが残念ですが、V-REX特有のマーヴル模様が薄く再現されていて、全体的な色合いは合格点かと。
しかし眼と体のところどころにある傷の塗装はかなり安っぽい印象。

胸、腹部そして

このV-REX、目や背中の突起に巧く影が落ちる様に飾ると、もう恐ろしく格好良くて鼻血が出ちゃう。
そしてこの筋肉質でスラッと伸びた御御足にグッとくる。
あと、口を閉じたバージョンが欲しかったので、その点も個人的にポイントが高し。
最後はやっぱりそのサイズによるド迫力具合は言う事無し。

あとは後々コングの単色顔面レリーフが発売されると良いなぁ〜  
Posted by kurumayaa at 17:37Comments(5)TrackBack(0)

July 02, 2010

V-REX

v昨日は恐ろしいくらい雷ゴロゴロの大雨。

そして現在、部屋の中は先日書いた通りの整理中でゴミゴミゴチャゴチャの有様。

そんなバタバタ時に悪魔のごとく到着したんです。予想を超えたデカさに自分の経験と勘は当てにならんと認識した^^;

twitterの「鋼鉄社長のサイズってなんだ」の完結編。

あの箱の中身はV-REX

とりあえず笑っておこう。

レビュー等は後日ゆっくりと。
  
Posted by kurumayaa at 10:13Comments(2)TrackBack(0)

February 28, 2010

ポスターフレーム

waku_blog紙モノに手がまわらなくて、フレームをオーダーするまでに時間が掛かってしまいましたが、ようやく筒の中から展示に移行する事が出来ました。

KING KONG POSTER

シルクスクリーンプリントは発色も良いですし、イラストでデザインされている上に、約65センチの100センチ弱とサイズもあるので、フレームに収めるとなかなかの存在感になりました。
フレーム自体は木製のダークブラウンを選択。まあまあイメージ通りで。

Aドラフトハウス系だとマッドマックスとロボコップ、タイラースタウトの物体Xとかブレラン、イングロリアスバスターズとかも欲しいポスターです。

話は変わるのですが、ジョジョ、今後出てくるプライズ系で凄い事になっているんですね。
オインゴ、ボインゴとかエコーズとか、イギー5変化とか、目玉としては歴代ジョジョ総発売とか。

徐輪がヤバい。でも四部の承太郎がないのが納得がいかん。

詳しくはmoeyo.comさんで。

昨日までそれは絶対無いと思っていたけど、こりゃいつかリゾット&メタリカも立体化されるんじゃないかと期待してみる。  
Posted by kurumayaa at 15:01Comments(4)TrackBack(0)

February 26, 2010

スカル

v_s_blog最近の品で、これは!っといったものが少ないので、一昔前にスルーしたものをフラっと探してみたりする今日この頃。

コング物もその一環なんですが、始まりはこの品だったんです。
ヴァスタトサウルススカル

案外逆に思われがちなんですが、実はこのスカルを最初購入する事を決めていて、そんでその次にアラモドラフトハウスのポスターのフレームをやっとこさオーダーしまして、次はコングバストでも探してみようかのところに例のデッカいV-REXが強引に割り込んできたんですね。

うーん、別にそんなに勢い良くコング物を集めるつもりは無かったんですけど....

さて、このスカル、映画の設定においてWETAがアホなくらい細かく自然史を構築しているだけに、フィクションでありながらかなり古生物的にリアルに造られていたり。

そして、頭骨だけなので台座が無かったら、ただの恐竜、またはティラノサウルスと違いがわからないというマニアックかつ地味〜な感じが良いのです。
よく見ればラインとかディティールとか、ちゃんとV-REXしているんですけどね^^

あと、実物が届いて最初に思った事は、意外にデカイ。頭骨、お前もか.....


最初に最近これは!っていう品が少ないと書きましたが、昨日、燃えよドラゴンを見ちゃって、やっぱりエンターベイのバストは購入予定にイン。
豆魚雷さんにサンプルが展示されているみたいですね。実際の出来はどーなんでしょうね。  
Posted by kurumayaa at 17:49Comments(2)TrackBack(0)

February 16, 2010

究極系

vコレクターをやっていると、いつかはウチに呼びたい憧れのアイテムがあったりするものですが、僕にも数点あるんです。

んで、その中の一つが突然ショップに現れたもので脳内てんやわんやの大騒ぎ。

彩色されていたからパッと見では気がつきませんでしたが、其のサイズ、其のポーズ、5秒後には衝撃を受けました。

ついでに言うと、去年のドッグ方式で取り置きしてもらっちゃった。
人間、学習する生き物のはずなんですが、また今年も節約節約のイバラの道を歩く事になるとは。

その原型のアイテム、あのWETAのミュージアムショップWETA CAVEに鎮座中。

ここ、WETAの涎モノのアイテムが多数展示されている他、イベント展示物や映画のプロップもあったりで、スイスのGIGERミュージアムと同じく一度行ってみたい場所なんですが、とにかく展示の仕方が好き。
木製のケースも雰囲気あるし。照明とかアイテムの間隔とか。

一昨年くらいに関連展示画像で見て良い造形だなぁ〜と唸った次第。
派手さの無い地味〜な雰囲気が超好みだったんですね。
元々、恐竜にほんのりクリッチャー風味なんで当然っちゃ当然の地味さなんですが^^;

いいっすねぇ〜生活にハリが出ます。とりあえず色々頑張ろう。

DARKHORSE / WETAの壁掛けバスト他、コングバストも探してみるか。  
Posted by kurumayaa at 18:08Comments(10)TrackBack(0)

June 19, 2008

コング再び

103f6b09.jpg先日紹介しましたポスターの内の一つ、キングコングが入手出来ちゃいました。

KING KONG

バーレスクストアって日本語版もあったんですね。
知らなかったよ。

シリアルナンバーは88/150

ALAMO DRAFTHOUSE CINEMAにて、キングコングの興行というか祝いが行われた時のポスター。
単なるアートではなく、れっきとした映画館の為の宣材でBurlesque StudiosのWes Winship氏がデザインした逸品。
質の良い紙に上質なシルクスクリーンプリントが美しいです。

で、思っていたよりサイズが大きいのですよ。
66センチに100センチ越えなんでフレームを探すのが大変そう。

WETAのKONG vs.V-REXも造形的にアートに近い作品なので、ぜひ絡めて飾りたいところです。

でもこちらもデカい。
デカいもの同士を並べて飾る場所が無い・・・・・ドーン!  
Posted by kurumayaa at 15:18Comments(4)TrackBack(0)

April 04, 2006

パロスペシャル

9012a101.gifネタが無くて困った時にはコングのスタチュ。という事でその話題。高い品だったのでネタで元は取らないとね(笑)
このスタチュ、個人的にはコングが右でV-REXが左のいわゆる正面より裏側から見た構図が好きなんですよね。コングの背中やREXの足に力強さを感じるので。

そんな訳で、一時は正面向きで飾っていたものの今現在は好み通りに変更。そこで問題が一つ。裏向きで飾りますと正面にあるKONG製品を表わす台座のプレートが見えなくなってしまうんですよね。小さいけれど、見えなくなると意外に気になる。
どーしよっかなーなんて呑気に考えていましたが、結局自作する事に。鉄板やアクリルを細工する技術も無いので、パソコンで造った画像をプリントして加工するという簡単な方向へ。

説明さくさくと造ってはみたものの、何かポイントが欲しくなり思い出したあの画像。エイプリルフールにでも・・・と思い造っていたエイプのロゴのパロディ。口をずらし、傷をつけるとアラ不思議。コングっぽく見えたり見えなかったり。この微妙な感じがポイント(笑)
念のため。画像のものはオイラがパロったものでエイプとは全く関係ありませんので。

追加したら良い感じになったので、プリントしてアクリル板に挟み込みケースの中へ。完成。
やっぱり、プレートがあるとコレクションのグレードがアップする様な気がします。ライトセイバーなんかそうですもんね。スタチュ系を集められている方は時間がある時にでもお試しあれ。

ハニカムで藤原ヒロシ氏が紹介していたコレ。面白かったのでネタを拝借。ピンクを目で追い続けるとピンクだけが見え、中央の十字に視点を集中すると緑の球体が現れ、更に十字をずっと見続けるとピンクが消えて無くなるという脳の不思議が味わえるページ。こういうの好き。  
Posted by kurumayaa at 23:23Comments(3)TrackBack(0)

January 23, 2006

世界第8の不思議(完結編)

6672d18f.JPG初っ端からブルーな話ですが、ココ、イキナリ無くなったりしないですよね。移動するのが面倒くさいので存続してほしいものですが。

皆さん、買ったコレクションアイテムってどう飾っています?
僕の場合、基本的にインテリアの一部として割り切って飾るので、箱が格好良いものはそのまま、開けて格好良いものは開封するんですよ。ぬいぐるみやスタチュは勿論開封です。
インテリアの一部っていうことは見た目が格好良い=ケースに入れたいっていうことになるんですよね。ポスターで言えば額に入れると。そこに行き着く訳です。
現在グレムリンのぬいぐるみは全てショウケースの中。その他のスタチュも場合によってはアクリルケースに入れます。先日購入したWETAのコングスタチュもこの"場合"に該当っす。あの造り込まれた造型は埃を被ると掃除がし難い&破損はイヤ!ってな訳でケースをオーダーですよ。意外に値がはるので泣く泣くです。
そして本日それが届いたのでキチンと飾ってみました。
ケース自体はオイラの適当な採寸が良かったみたいでスタチュのサイズにベストフィット。ちなみにオーダーしたサイズは幅55cm×奥行き35cm×高さ63cmです。
やっぱ造型がいいものはケースに入れると様になりますわ。見栄えは2倍にも3倍にもなりますよ。少し報われた瞬間。何かここまできたら専用でポイント照明もあてたくなってきたよ(笑)

EROSTIKA BloGより、有名ブランドのDEVILOCKが今年10年目に突入ということで、それを記念してRockin' Jelly Bean氏とコラボったらしい。氏の描いたファンキーなPALM BOYのデザインTシャツが21日から発売しているんですってよ。
  
Posted by kurumayaa at 22:37Comments(4)TrackBack(0)

January 12, 2006

世界第8の不思議(番長タイマン編)

b871f981.JPG先程の続きで、いよいよ開封してみました。
しっかし箱が大きい上、クソ重いので箱から出すのも一苦労。でも開けてウットリでしたよ。何か凄く良い感じ。早速ベースと本体を組み合わせてみました。コングとV-REXが一体型だったのが意外な驚きで。
箱もデカけりゃ中身もデカイ。そして重すぎ。とても予定していたガラスケースの上には置けないので、急遽置き場を変更しました。
デカイでかいと喚いていますが、この品に限ってはそのデカさも魅力であります。迫力がありますよ。

本体の出来ですが、塗装は量産品と言う事でそれなりで少し残念。特にコングの傷やベースの塗装をもう少し凝ってほしかったな〜なんて思いつつ、個人的にはチープな塗装も実は好きだったり。

kon2造型についてですが、ここはまぁ見事なもんで凄いですわ。コングの体毛の流れから細い毛のモールドもきっちり彫られており、お尻付近の毛の撓みも有りーので良い感じ。
クラシカルなモールドのV-REXの鱗の表現も非常に細かく入っています。マジでこの体表の表現は凄いですよ。感動します。2体とも口の中も造り込まれていてモールドもありますし、コングにいたっては奥歯までキッチリ再現です。
コングの腕とレックスの特徴である大きな顎と足に力を感じる事が出来るのが、このスタチュの素敵なところ。雰囲気あります。

ポーズについては当初発表されていたイラストに忠実に造られていてバランスもよく、劇中の雰囲気が伝わってくるので素晴しいかと。イラストで表わされておらず追加された左手のアンですが、製品情報時の参考画像より良く感じました。意外にナオミ・ワッツ似ですよ。
以上、おおまかに全体の感想を書かせていただきました。もし、購入に迷っている方で参考になれば幸いです。

以下、個人的にグッとくるポイント。

其の壱 雰囲気のあるコングの背中。

其の弐 劇中のアンを守る番長コングの姿を唯一表わした品。劇中では右手にアン、左手にV-REXだった記憶あり。

其の参 やっぱりそのサイズと、細かなモールド。

劇中での闘いにもグッと来たタイプなので、オイラ的には正にツボ。ありがとうWETA、そんな感じです。  
Posted by kurumayaa at 23:02Comments(2)TrackBack(0)

世界第8の不思議(到着編)

6ac8bd16.JPG宅配業者から電話。荷物が届くと言う事で、てっきり注文していたミニバストが来たんだとばかり思い込んでいたら、ミニバストより後に来るはずの予定だったスタチュ!焦った〜ぁ。
という事で、マニアックなミニバストを今年一発目の紹介にしようと思っておりましたが、予定変更。今年一発目はV-REX vs. KONGとあいなりました。

さてこのスタチュ、ホント購入について迷う・・というか資金の面で苦労したのですが勢いでいっちゃいました。コレクターの神が囁いたのです。「買わずに後悔するなら買って後悔しろ」と。まあ多分後悔する事はなさそうです(笑)
開封前のレビューをしますと、輸送箱、梱包箱ととにかくデカイ。かつて我が家にやって来たSIDESHOWのクイーンバストやメディコムのライフサイズチャッキーよりボリュームがあるのですよ。一応画像では目の前にあったコトブキヤのダースベイダー(約12インチ弱)と並べてみましたが、大きさが伝わりますかね。そ・し・て、重い。重すぎる。シャレにならんです(汗)
箱のデザインは落ち着いていてよし。ただ薄い感じがするので、破損する個体も多そうな予感。

夜にでも開封してみますので、続きはまた後で。本家サイトの方へのアップは少し遅れると思いますし説明も簡潔になると思うので、詳しいレビューはココにします。よろしくどうぞ。  
Posted by kurumayaa at 15:13Comments(2)TrackBack(0)

December 18, 2005

あるあるスカル島大事典

00836bcd.jpgP.JとWETA WORKSHOPが関わっている本、"A NATURAL HISTORY OF SKULL ISLAND"を買ってみた。フルカラーでハードカバーで洋書。
どんな本かって?何とこれ架空の自然事典になっております。キングコングに登場するスカルアイランドの生態系を図鑑形式で紹介。劇中に登場するコングやV-REXをはじめ、劇中に全く登場しない生き物までを網羅。その生物の生態から生息環境まで書かれているんです。学術名みたいなものまで。ちなみにコングはMegaprimatus kongと記載。V-REXはVastatosaurus rex。しかし裏設定が細かいと聞いてはいましたが、アホですねぇ(笑)そんなアホなくらいのこだわりが好き。
僕は図鑑関係は好きなので、見ていてとても面白かったです。文は英語ですがそれでも何となく分かる。機会があれば一度目を通してみて下さいな。

光り物はまあまあ好き。光るフィギュアは超好き(笑)
っつー事で気になりますよ、SIDESHOWのIRON MAN。SIDESHOWのサイトでも見た気がするがページが捜せなかったのでトイ系サイトより。です。
コミック自体はよく分からないのですが、キャラクターは知っている。そんな感じ。でもこのポーズとメタリックな感じはグッとくるね。  
Posted by kurumayaa at 18:51Comments(2)TrackBack(0)

December 13, 2005

ダイアリーズ

280f1327.jpgキングコング、地域によっては明日から先行上映が始まるところもあるんですよねぇ。うちの地元じゃありませーん。残念。とりあえず一足先に雰囲気でも楽しもうかと、買ってきました"キングコングができるまで製作日記"。
2枚組のうち、とりあえず一番興味があったDisk2のメイキングオブKONG vs V-REXを観賞。凄い映像だとは思っていましたが、セットとCGが複雑に組み合わさった手の込んだシーンだと再確認。最新技術も凄いッス!CGのナオミ・ワッツ、技術的に一昔前と比べてリアルになっている。ちょっと驚いた。
チラっとWETAのスタチュが見えるのもいいね。そしてメイキングブックは買わなくてもよかったかもなんて思う今日この頃(汗)

バイオ4、なんとかクリアーしました。過去プレイしたバイオシリーズでは考えられない死にっぷり。まあ、敵に殺されたっていうよりイベントシーンのボタンの押し間違え、タイミングの悪さが敵だったんですけどね。老化です(笑)
今度はおまけのエイダの話をやってみますわ。  
Posted by kurumayaa at 22:55Comments(0)TrackBack(0)

December 12, 2005

マウントポジション

788488e0.gif本日、久々に本家サイトにグッズをアップ。ほんの少しですけどね(苦笑)
キングコング、僕はハマッテいる割にグッズの購入をあまりしていなかったのですが、リメイク版グッズをようやく購入。記念すべき第一弾はWETAのKONG FIGHTING V-REXミニスタチュです。
北米ではタワーレコード限定みたいで、ヨーロッパの一部やニュージーランドでも発売されている模様。日本でも発売されるのかは不明。あくまでも詳しくない者の話なので。
出来の方は小さいながらシッカリ造型されています。塗装は量産並みで。ポーズというか構図が素晴しいので格好良い品だと思います。  
Posted by kurumayaa at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

December 08, 2005

62023f34.jpg刺激の少ない今日この頃。恐怖におののきたく輪廻に期待しているのですが、もう一つサイレンも気になっています。
オリジナルはゲームソフトですが、自分はこのゲームをプレイした事がないので良く分かりませぬ。しかし、かっなり恐いらしいですね。チョット遊んでみたいかも。
ゲームといえばバイオ4。個人的にかなりツボ。面白いです。視点云々言った自分が恥ずかしい・・
狙い撃つ感覚がタマラン。でも集団に襲われるのは恐い。そしてNECAのフィギュアが欲しい。

今月は毎度おなじみコングの話題ですが、メイキング本が到着。予定より随分早いお付きで。メイキングというだけあってフルカラーで撮影風景やセットなどが紹介されています。ただ、期待していた程コングを含めたクリッチャー類の解説が少なかったのが残念。もう少しデザイン画とか見たかった。とはいってもプロップや粘土造形など貴重な画像は一応載っています。
そういやコノ本のV-REXの解説のところでDARKHORSE/WETAのバストと同じものが載っていた。こういう付加価値って良いですよね。この品、あの本に載っているものと同じだぜ〜みたいな。自己満足でグッとくる一時。  
Posted by kurumayaa at 21:26Comments(4)TrackBack(0)

December 07, 2005

髑髏島探検記

8fabc6e7.JPG今日の日刊スポーツにも小さく掲載されていたキングコングのニューヨークプレミアの話題。the one ring .netでも多彩な画像で紹介されています。
やっぱり何といっても目をひくのは等身大のコングですね。気合の入っている出来栄。毛なみを彫刻じゃなくて実際に貼付けてあるのが凄いところ。流石に日本のプレミアにゃついてこないでしょうね(笑)LOTRの時はトロルやFELL BEASTなんかをライフサイズで展示していたと思うのですが、関係者に等身大好きがいるのでしょうか。

画像は海洋堂のキングコング・ボトルキャップ。今日届きました。噂に聞く以上に実物は良い出来ですね。コング関係は造形も構図も凄いです。
特にリチャード・テイラー(WETAの偉い人)も絶賛したという画像のNo.1魔獣激闘。恐るべし松村しのぶ。360度どこから見ても格好良い!あの小ささでV-REXの目玉に黒目があるのがビビった。コレ、おまけでいいのか?

frog今日2つめのミニミニ系はコングとうって変わってカワイイ系で。
この間はキティーとのコラボを紹介したRodyですが、今度はPEZ&FROG STYLEとコラボレーションです。ベンダータイプで200円。お互い丸っこい感じと恍けた表情が相まって良いですよ。

急に話が変わるのですが、今晩からしばらくPS2バイオ4の世界にハマろうかと思います。いやー1年永かった。バイオ好き過ぎて鼻血出そうですが、視点が変わったのがどうなのかチト気になる。期待を裏切らない事を願ふ。  
Posted by kurumayaa at 19:01Comments(0)TrackBack(0)

December 01, 2005

異臭

9bd0bd04.JPGトイザラスへジェントルジャイアントの新ヴェイダーミニバストを購入しに行くも、何故か帰り小脇に抱えていたのはキングコング。そう、トイザラス限定のキングコングが発売されていたのよん。てっきり15日発売だと思っていましたよ。

リメイク版のヴァスタトサウルスが笑っちゃう程ショぼい。狙ってあんな感じにしたのか分かりませんが、アジが無いよ。アジが無けりゃお終いよ。コングもチト微妙。リメイク版はDARKHORSE/WETA製の一点買いでいこうかな。

対照的にオリジナル版はなかなか良い。なのでこちらを購入。トイザラス限定版はコングが木を持っている違いがあり〜の対戦恐竜とセットっていう違いがあります。箱のデザインはイマイチなんで開封してみる。コングと暴君竜を向かい合わせたり組み合わせたりして飾ってみると結構グッときます。スタチュとは違うあの独特のソフビ臭が香しい事で。好き。

Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chestの予告編。この動画を観る限り、スパロウせんちょーが更に魅力的になってませんか?そんでオチャメぶりもアップ。これはかなり楽しみであります。  
Posted by kurumayaa at 18:51Comments(0)TrackBack(0)

November 25, 2005

理科室

361c1a96.gifSIDESHOWTOYが意外な切り口でコングに参戦。あのボブ・バーンズが所有する33`コングのアーマチュアを氏の協力の元プロップレプリカ化する様子。マジっすか。

リメイク版の監督である、あのピーター・ジャクソンをはじめ特殊技術担当のWETAの職人も興味津々だったあの品。価格にもよるけどチョット欲しいかも。しかし骨格でくるとは。

突然ですがワタクシが嫌いな行動それは"ポイ捨て"。
そして嫌いな言葉・・・・"全国送料無料(ただし沖縄、離島をのぞく)"・・チッ!  
Posted by kurumayaa at 23:59Comments(4)TrackBack(0)

November 24, 2005

HMV限定

933c6f6c.jpg興味の無い人には申し訳ないと思いつつ、今日もコング情報を。

ただいまHMVにてエクスプラスの限定コングフィギュアをリメイク、オリジナル共に予約受付中。偶然発見したのですが、この広いネット世界。CD探していなかったら気が付きませんでしたよ。

HMV限定版はそれぞれフェイ・レイ、ナオミ・ワッツを模した女性フィギュア付きでパッケージがHMV渋谷店風になっているそうな。リメイク版には一般販売版と顔の表情が違うという記述あり。オリジナル版は不明。これはいっちゃうしかないですな。  
Posted by kurumayaa at 00:43Comments(1)TrackBack(0)

November 23, 2005

エンタメ

59e9a9ad.jpg公休日の今日、こちらはあいにくの雨模様なので外へ出る事もなく、家でまったりと過しております。
スターウォーズ、やっぱり面白いね。劇場でも燃えたが家で観てもセイバー戦は燃えるし、終盤は鳥肌が起つ。生きている間に公開されて本当に良かったと思う映画です。

画像はEntertainment WEEKLY誌。WETAのバストスタチュと同じ様な構図でグッときたので表紙買い。ゴリラマニアなんで。にわかですけど(笑)
ミニバスト好きとしてはコングのバストも欲しいなぁ。どうすっかな。物欲には困ったもんだ。  
Posted by kurumayaa at 17:48Comments(0)TrackBack(0)

November 20, 2005

ウホッ

6909de31.jpg最近ゴリラマニアなワタクシですが、このところオフィシャルサイトにはいっていなかったんですよね。だってあんまり更新されないんだもーん。
なんて言っていたらメイキングDVDのニュースがアップされておりました。い、いつの間に。って、いっていないんだから分かるわけないですよね(笑)

通常版の他にスタチュ付き限定版もあるみたい。WETAだけにロードオブザリングのコレクターズ〜と似た様なタイプなので、思わず予約クリックしちゃいます(笑)嬉しいやら悲しいやら。
んで肝心のスタチュですが、多分コングの登場シーンを表わしておりDARKHORSE/WETAのラインに準ずるタイプ。コミコンでも展示されていましたね。てっきりvs V-REXミニサイズと共にタワーレコード限定かと思っていたのですが、そう来たかって感じ。
後々キングコング・スペシャルエクステンディドエディションなんて出たりして(笑)

んで新しい予告編。燃えますねぇ〜劇中の色彩の感じが好みです。  
Posted by kurumayaa at 16:46Comments(2)TrackBack(0)